フォーエバーカウンター

寒中見舞いによるお知らせ、ご存知ですか?

このページをシェアする

身内に不幸があった時、大抵の方が喪中はがきを作成され、年賀状のお付き合いのある方々に新年のご挨拶を失礼させて頂く旨をお知らせしていると思います。

喪中はがきの発送は、遅くともみなさんが年賀状を作成され、ポストに投函する前の12月上旬までに出すことが一般的となります。

 

昨今は、家族葬・小規模葬が主流になり、身内の方々のみの葬儀後、喪中はがきを見て初めてご不幸があった事を知ったという方や、反対に葬儀のお知らせはしなかったものの、ご不幸があったことだけはお知らせしたいという方が多くいらっしゃいます。

 

年末・年始にご不幸があった場合、どうしても通常の喪中はがきのお知らせでは数カ月後になってしまい、非常に遅くなってしまいます。

寒中見舞いは、季節が寒くなる時節に相手の健康を敬う意味合いで使われますが、年賀状の返答や喪中のため年賀状が出せない場合の代用にも多く使われます。喪中はがきには時期が合わなかったという方にもご利用いただけます。

このページをシェアする

OTHER NEWS

その他のニュース

遺影写真について

遺影写真について