つながる北海道

私たちの生活の中には、Made with Hokkaido がたくさん。
気づいていないけれど、ふだん意識していないけれど、
北海道でつくられたものが、 私たちの生活を豊かにしています。
「これも北海道だったんだ」「これ、北海道で作ってたんだ」
そんな発見が、北海道の生産者を支えるきっかけになるように。
道民の私たち自身が、もっと北海道を好きになるように。
そんな思いを込めて、
札幌丸井三越では、北海道でつくられた素敵なものをご紹介いたします。
きっと、もっと好きになる。

つながる北海道

Feature
北海道の自然の恵みとともに。

01.

上富良野町〈多田ワイナリー〉
〈多田ワイナリー〉は北海道のほぼ真ん中の位置、寒暖差の大きい富良野盆地にあります。北海道の大雪山系の麓で118年以上農業を営む小さな農家で2007年、700本のぶどうの苗木から始まりました。 2010年に第1号のオリジナルワインが完成し、2016年の秋に多田ワイナリーをオープン。 ワインはピノ・ノワール、シャルドネ、メルロの3種類を販売しており、特にシャルドネはワインの専門家もフランスの本場ブルゴーニュのシャルドネと重ね合わせるくらい高い評価を得ています。

自社農園のブドウを野性酵母で発酵させて作ったワインです。フランス・アルザス地方のシャルドネと似ているといわれ、心地よい酸が特徴です。

〈多田ワイナリー〉シャルドネ2019(750ml) 3,850円

■丸井今井札幌本店 大通館地下2階

ピノノワール2019(750ml) 3,850円

自社農園のブドウを野性酵母で発酵させて作ったワインです。ライト~ミディアムボディの穏やかで優しい味わい。

■丸井今井札幌本店 大通館地下2階

ピノノワール ブラン(750ml) 3,520円

自社農園で育てたブドウを使用。野生酵母で発酵の2019年度産ピノノワールから作った白ワインです。

■丸井今井札幌本店 大通館地下2階

田園ルージュ(750ml) 2,750円

2019年に収穫したキャンベル、メルロ、カベルネソーヴィニオンを野生酵母で発酵してつくりました。

■丸井今井札幌本店 大通館地下2階








02.

1899年、後の〈髙砂酒造〉となる小檜山酒造店を創業。 1926年「旭髙砂」が『全国酒類品評会』において北海道初の一等賞を受賞し、小檜山酒造の酒は全道に広がりました。 そして1965年、石崎酒造と合併し社名を「髙砂酒造株式会社」に改め、髙砂酒造の代表銘柄である「国士無双」を生み出し、その後も「国士無双梅酒」、 最高級ブランドの「旭神威」など様々な商品開発を行っています。 髙砂酒造は、大雪の山々と4本の河川に囲まれた豊富な水資源に囲まれ、原材料は北海道産酒造好適米を80%以上使用。 「その土地の自然の力をもっと酒造りに活かしたい」という想いから「雪中貯蔵」を行うなど、北国の自然を活かした貯蔵方法も行っています。

上川産酒造好適米「吟風」を使用。そよぐ風のような爽やかさを持ちながら、後からしっかりと米の旨みを感じる日本酒です。

〈髙砂酒造〉純米酒 風のささやき(720ml) 1,262円

■札幌三越 本館地下1階 ダイニングマリアージュ

〈髙砂酒造〉純米大吟醸酒 国士無双 北海道限定(720ml) 2,288円

上川産酒造好適米「彗星」を使用した、北海道限定酒。洋梨のようにフルーティーな香りと飲み飽きしない穏やかな飲み口が特徴です。

■札幌三越 本館地下1階 ダイニングマリアージュ








03.

老舗あづみ(お茶工房)は、創業昭和2年 京都井出町に始まり、北海道で最初に深むし茶の販売を始めました。あづみの深むし茶は、北海道ならではの味にこだわり続けて、見た目や形状にとらわれないお茶の真の味を追求し独自の製法を作り上げ、技術を積み重ねて美味しいとご好評をいただき、現在に至ります。

独自の製法で作り上げ香りが強くきれいな緑色に出るよう北海道の水道水に合わせたお茶葉に仕上げました。

北海道の水に合うお茶 静岡・宮城・八女(各70g) 各1,080円

■丸井今井 大通館地下2階

玉露愛想香(八女)(80g) 1,620円

玉露独特のうまみ・甘みの中にさわやかな風味が感じられます。淹れるお湯の温度は、70℃と普通の葉のタイプの玉露より少し高めの温度でお楽しみください。

■丸井今井 大通館地下2階












Key Person
北海道を盛り上げるキーパーソン

コーヒー業界の活性化に活躍する
〈丸美珈琲店〉オーナーにして焙煎士、
コーヒー鑑定のスペシャリスト。


〈丸美珈琲店〉後藤 栄二郎氏
自らコーヒーの生産地に足を運ぶなどして産地の最新情報を常に収集し、こまめな買い付けで「旬の美味しさ」を逃がさずキャッチ。 買い付けた豆本来の味・香りの特徴を感じられるよう焙煎します。焙煎後には、上質なスペシャルティコーヒーだからこそ、味を損ねる豆を選別を徹底して行い、その魅力を最大限に活かしたクオリティで提供しています。

札幌市生まれ。地元の有名珈琲店に8年間勤め、2006年〈丸美珈琲店〉で独立。2009年には、「ワールドカップテイスターズ チャンピオンシップ 2009」世界3位に入賞。2013年、日本国内の焙煎技術を競う「ジャパンコーヒーロースティング・チャンピオンシップ2013」に出場。日本1位のタイトル獲得。「ワールドコーヒーロースティングチャンピオンシップ2014」に日本代表として単独出場し、世界6位に入賞。本店にて都度、コーヒー教室を開催するほか、北海道新聞(道新)文化センターで「COFFEEの美味しさを学ぶ」を指導、ラジオ、テレビ出演多数。この他、日本スペシャルティコーヒー協会(SCAJ)の委員会で活躍中。北海道のバリスタ技術向上のため、有志による地元大会を随時開催するなど、コーヒー業界の活性化にも活躍中。

〈丸美珈琲店〉ドリップカフェ プレミアムセット
(1箱10g×8袋×2箱ギフトBOX) 3,240円


華やかな香りグアテマラ産のゲイシャ種と新たな精製方法のニカラグア産ブラックパールです。

■丸井今井 大通館地下2階

〈丸美珈琲店〉ドリップカフェ レギュラーセット
(1箱10g×8袋×2箱ギフトBOX) 2,160円


〈丸美珈琲店〉の一番人気丸美ブレントと紅茶の様な香りのエチオピア産イルガチェフェです。

■丸井今井 大通館地下2階


今月のおすすめレシピ

いつもの食べ方に飽きたらお刺身をアレンジ!
ゆずドレッシングと三つ葉がマッチした爽やかな風味のサラダです。

お刺身と三つ葉のサラダ ゆずドレッシング添え


材料

【具材】
・まぐろ 100g
・タコ  100g
・三つ葉 1/2把

・ゆず果汁 大さじ2
・オリーブオイル 小さじ1
・ブラックペッパー 少々

【A】
・白だし・みりん 各大さじ1
・醤油・砂糖 各小さじ1

how to

(1)まぐろとタコは薄くスライスする。三つ葉は2センチ程度にカット。

(2) Aは耐熱皿に入れ、レンジで20秒ほど加熱し砂糖を溶かす。
粗熱が取れたらゆず果汁、オリーブオイルを入れて混ぜ、仕上げにブラックペッパーを少々入れる。 お好みのお刺身で代用可能です。ソイやヒラメなど白身魚やホタテも合います。

Recipe by さきちゃん
どさんこ料理愛好家。料理好きと北海道愛が高じて「北海道フードマイスター」の資格を取得。自他共に認める呑兵衛で、簡単にできるおつまみ料理が得意。

過去のレシピはこちら

今月の食材豆ちしき

三つ葉はセリ科の多年草でカリウムと βカロテンを多く含みます。※1 カリウムは塩分を排出する働きがあり、 βカロテンは目や粘膜の健康維持に効果が あると言われています。※2

引用元
※1)五訂日本食品標準成分表
※2)キューピーHP「おしえてキユーピー野菜のこと」



※フェア・イベントは変更または中止になる場合がございます。写真はすべてイメージです。掲載商品の写真は色、その他について実際の商品とは異なる場合がございます。※掲載商品は数に限りがございます。品切れの際はご容赦ください。※内容が一部変更となる場合もございますのでご了承ください。※未成年者の飲酒は法律で禁止されています。未成年者への酒類の販売はできません。
※価格はすべて税込です。